NEWSニュース

2018/03/19

【物販店 インタビュー】電子マネー端末導入後、お店全体の売上が増えました

「金谷ホテルベーカリー神楽坂店」(東京都新宿区神楽坂3丁目25 SHKビル1F)では、電子マネー決済サービス「KAZAPi」を2017年9月よりご導入いただいております。

 

今回は、店長の小倉様に、「KAZAPi」導入後の売上変化の実態などをおうかがいしました。

 

 

 

Q:「KAZAPi」を導入するきっかけを教えてください。

 

本社から「KAZAPi」の紹介があり、導入を検討しました。

 

 

Q:「KAZAPi」を導入するにあたって懸念されたことはありましたか?

 

店頭スタッフが端末操作に慣れるかどうかを心配していましたが、導入後は問題なく使えています。

 

 

Q:ご検討時は、他社様のサービスと比較されましたか?

 

ヤマトシステムさんのサービスと比較した結果、「KAZAPi」に決めました。

 

 

Q:どのようなお客様が電子マネーを利用されているか教えてください。

 

主婦層を中心とした、女性のお客様が多いです。電子マネーで支払いをされるお客様の平均単価は、1,000円前後です。

 

 

Q:KAZAPi導入によって、お店の売上に変化はありましたか?

 

電子マネーで購入の場合は、現金での購入より若干客単価が高い傾向があります。それもあって「KAZAPi」を導入してから、お店全体の売上が増えました。

 

 

Q:導入にあたって、特別に準備したことはありましたか?

 

レジ回りが狭く、決済端末の置き場所の確保が必要でしたが、「KAZAPi」の端末はコンパクトで、狭い場所でも設置することが出来ました。

 

 

Q:月間の売上総額に占める電子マネーの割合を教えてください。

 

売上総額の1割強が電子マネーでのご利用です。

 

金谷ホテルベーカリー神楽坂店が導入しているKAZAPiの詳細はこちらから。

 

戻る