NEWSニュース

2018/04/19

【物販店 インタビュー】 集客のために「KAZAPi」を導入しました

ディスカウントショップ「プラスワンショップ」町屋店、曳舟店、王子店の3店舗では、「KAZAPi」を2017年6月よりご導入いただいております。

 

今回は町屋店(東京都荒川区町屋1-4-4)の木川店長に「KAZAPi」導入後のお客様からの反響を中心にお話を伺いました。

 

プラスワンショップ

 

Q:「KAZAPi」を導入するきっかけを教えてください。

 

電子マネーの決済ができることを、集客としてアピールできればと思い「KAZAPi」の導入を決めました。

 

 

Q:導入にあたって、特別な準備は必要でしたか?

 

「KAZAPi」の操作は簡単なので、レジ担当者は、操作方法をすぐにマスターできました。お客様への認知は、販促ツールの、ステッカー、ポスター、のぼりを、店外や店内に掲示して使用しています。

 

プラスワンショップ

 

Q:どのようなお客様が電子マネーを利用されているか教えてください。

 

町屋店は、30代~50代の男性が多いですね。

 

 

Q:どのようなお客様が電子マネーを利用されているか教えてください。

 

町屋店は、30代~50代の男性が多いですね。

 

プラスワンショップ

 

Q:「KAZAPi」を導入後、お客様から何かしらの反響はありましたか?

 

特に曳舟店では、イトーヨーカ堂が近くということもあり、nanacoユーザーが多く足を運んでくれていると感じています。認知されると電子マネーの利用も増えてきますね。

 

 

電子マネー決済ができることを、集客としてアピールされたいと「KAZAPi」の導入を決められた「プラスワンショップ」様は、電子マネー利用促進のステッカー、ポスターを店舗の様々な場所に掲出され、電子マネーの利用を積極的に促進していただいております。

 

プラスワンショップが導入しているKAZAPiの詳細はこちらから。

 

戻る