NEWSニュース

2018/06/21

【靴修理店 インタビュー】不安もなく導入することができました

靴修理店「靴専科白金高輪店」(東京都港区白金1-17-1白金タワー1F)は、電子マネー決済サービス「KAZAPi」を2017年1月より導入いただいております。

 

靴修理店「靴専科白金高輪店」の小浜店長に、お客様からの反響を伺いました。

 

 

Q:「KAZAPi」を導入したきっかけを教えてください。

 

以前から交通系ICカードで支払いたいというお客様からの声が多く、導入を検討していました。営業の方が訪問してきてくれたことをきっかけに、サービスの内容を知り、導入を決めました。

 

 

Q:導入にあたって、特別な準備は必要でしたか?

 

特別な準備はしていません。また、既にクレジットカード端末を利用していて、仕組みが似ているので、不安もなく導入することができました。

 

 

Q:「KAZAPi」を導入された当初と比較して、現在の電子マネーの利用率は変化しましたか?

 

導入当初と比べて、電子マネー決済の利用は増えています。

 

 

Q:どのようなお客様が電子マネー決済を利用されているか教えてください。

 

近隣にお勤めの20代~30代の女性や、主婦の方の利用が多いですね。3,000円~5,000円くらいのお支払いが多いです。

 

 

Q:「KAZAPi」を導入したことに関して、お客様から反響はありましたか?

 

「SuicaやPASMOは使えるお店は多いが、nanaco、WAON、iDといった電子マネーが利用できるのは嬉しい」という声をいただいています。

 

 

技術はもちろん、接客において親切・丁寧をモットーにお客様の立場にたった営業をされている靴修理店「靴専科白金高輪店」様では、近隣にお勤めの20代~30代の女性や、主婦の方を中心に、電子マネー決済をご利用いただいております。

 

戻る