NEWSニュース

2020/02/28

自動運転公道実証実験にJMMSを提供

自動運転公道実証実験における電子決済による運賃収受検討への協力

株式会社エム・ピー・ソリューション(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤 栄治、以下MPソリューション)は、国立大学法人群馬大学(群馬県前橋市、学長:平塚 浩士、以下群馬大学)が設立した次世代モビリティ社会実装研究センターの自動運転プロジェクトに協力し、2020年2月22日より開始された同センターの公道実証実験にMPソリューションの自動機向け決済サービスJMMSの提供を行いました。

 

 

■ JMMSとは

JMMSとは、飲料自販機や駐車場精算機、券売機、コインロッカーなどの自動機で、複数のキャッシュレス決済が行えるサービスであり、ご利用する上で必要となる契約~業務を、一括処理する『ワンストップサービス』を実現した、業務の効率化とスケールメリットを提供するサービスです。

 ▼JMMS http://mp-solution.com/service/JMMS/

 

■公道実証実験でのJMMS導入の目的

自動運転を社会実装するためには運転手が不在の状態でも円滑に運賃を収受するための仕組みが必要であり、 現金の収受がそぐわないと考えられております。将来の完全無人化を想定して、今回の実証実験では、キャッシュレス決済の利用者の乗車所作を確認、検証するため、 飲料自販機や駐車場精算機、券売機、コインロッカーなどの自動無人機への導入実績のあるJMMS端末を搭載し、実証実験を行うこととなりました。

 

■公道実証実験でのJMMS導入デモの内容

今回の実証実験の乗車は無料となります。しかし、上記目的を達成するため、ご乗車いただいた皆様には、疑似的に支払い操作をしていただきます。乗車区間に相当した金額が画面に表示され、ご利用者の電子マネーをかざしていただきますが、精算処理は行われないデモ機を搭載しております。

ご利用者には、実際にカードをかざしていただき、その所作について、有用なデータを収集することとなります。

 

■デモ機で搭載した電子マネー

※「WAON」は、イオン株式会社の登録商標です。

※「楽天Edy」は、楽天Edy株式会社の登録商標です。

※「nanaco」は株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。
※「iD」ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。

※「QUICPay」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。

 

■公道実証実験 運行計画

期間 :2020年2月22日(土曜日)~3月1日(日曜日)の期間中の、土、日、祝日

区間 :中央前橋駅~前橋駅~けやきウォーク前橋

車両 :2台

料金 :無料

※実証実験車両への乗車には事前登録が必要です。乗車時に現場スタッフまでお声がけください。

 

■今後の予定

今後群馬大学が行ういくつかの自動運転の公道実証実験において、今回開発したシステムの機能検証及び需要性評価などを実施する予定です。

 

■会社概要

商号    :株式会社エム・ピー・ソリューション

代表者   :代表取締役 佐藤 栄治

所在地   :〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目1-番4号 オークラプレステージタワー8階

設立    :2006年9月

事業内容  :電子マネー決済導入コンサルティング事業、電子マネー決済サービス提供・運用業務

資本金   :9,091万円

URL    :http://www.mp-solution.com/

 

■本件に関するお問合せ先

 

大学名   :国立大学法人群馬大学

担当者   :研究推進部 牛口 友和

TEL        :027-220-7443

Email              :kk-sangakurenkei4@jimu.gunma-u.ac.jp

 

企業名             :株式会社エム・ピー・ソリューション

担当者             :事業開発部  松田 千尋

TEL               :03-6229-3680

Email        :info@mp-solution.com

戻る