PRESS RELEASEプレスリリース

2018/07/27

日本各地の魅力ある風土を、求心力あるコンテンツにパッケージ。 「観光資源映像化・海外発信ソリューション」を7月27日より提供開始

第1弾は神奈川県三浦市の観光資源を映像化し、海外へ配信

キャッシュレス決済を日本に普及させるべく、小売決済現場を中心に様々なソリューションを展開する株式会社エム・ピー・ソリューション (本社:東京都港区、代表取締役:佐藤 栄治)は、国内各地域の観光資源を発掘・映像化し、観光領域のインバウンド契機を創出する「観光資源映像化・海外配信ソリューション」を2018年7月27日より提供開始いたします。

 

■本ソリューション開発の背景

エム・ピー・ソリューションはこれまで、小売決済現場を中心としたキャッシュレスソリューションの提供を行ってまいりました。

近年、地域通貨導入や観光地におけるキャッシュレス推進のご支援を進めるなかで、自治体・地域団体の皆さまから、地域の魅力を国外へ伝えるコミュニケーション手段の構築をご相談いただくケースが増えております。

 

インバウンド観光を支えるコミュニケーションの需要の高まりを受けて、訪日旅行者の着地~観光シーンにおけるキャッシュレス決済の普及を補完するべく、訪日旅行需要の創出に繋がるデジタルマーケティング・ソリューションを開発致しました。

 

第1弾として、神奈川県三浦市の観光資源の映像化を行い、欧米・アジア圏に向けたコンテンツ配信を実施致します。

外国語4言語(英語、中国語(繁体字・簡体)、韓国語)に対応する形で7月27日にリニューアルする、三浦市の公式観光ポータルサイト「みうら観光ガイド」の中に、今回配信する映像に登場する観光資源を紹介するページを設置。映像を起点とした、具体的な旅行内容の検討のキッカケとなるコンテンツをお届けします。

 

三浦市観光協会Webサイト: http://www.miura-info.ne.jp/

 

 

■「観光資源映像化・海外発信ソリューション」の特長

  • ・地域の人々が「当たり前」のこととして見過ごしがちな、旅行者にとって魅力ある場所・モノ・コトを、ソーシャルメディア・データ等の解析によって発掘
  • ・国外に向けたコミュニケーションの企画から、コンテンツの制作、海外向けの配信まで、ワンストップでご提供
  • ・キャッシュレス決済環境を提供してきたエム・ピー・ソリューションならではの、PDCA運用スキームのご提供

戻る