PRESS RELEASEプレスリリース

2018/06/21

小樽ビール銭函醸造所 『ビア&春ラム ジンギスカン祭り』にキャッシュレス・ビールサーバーが登場しました

自動で注がれるビールサーバーが、現金不要のキャッシュレスで完全自動化へ進化

 
株式会社エム・ピー・ソリューション (本社:東京都港区、代表取締役:佐藤 栄治、以下 MPS)が提供する、キャッシュレス決済ソリューション「JMMS」を活用した、完全自動化のキャッシュレス・ビールサーバーが、さる2018年5月20日開催にした株式会社アレフ(本社:北海道札幌市、代表取締役:庄司 大)の小樽ビール銭函醸造所 『ビア&春ラム ジンギスカン祭り』に登場しました。
 

■小樽ビールのキャッシュレス・ビールサーバーについて

 

キャッシュレス・ビールサーバー

 
美味しいビールを楽しむためには、ビールと泡の黄金比率で注ぐことが重要ですが、誰でも出来るものではなく、ある程度の習熟が求められます。
また、飲食イベントを開催する際、美味しいビールは人気が高く、イベント当日にはビール販売ブースは長蛇の列になりがちです。
 
 こうした「ビールと泡の黄金比率」と「イベント当日の待ち行列」に関する問題を解決するために、小樽ビール(株式会社アレフ)とMPSは、完全自動化で誰でも美味しいビールを素早く手にすることが出来るキャッシュレス・ビールサーバーを開発致しました。
 

キャッシュレス・ビールサーバー

 

キャッシュレス・ビールサーバーは、電子マネー(SAPICA)で決済すると、黄金比率のビールが自動的にグラスに注がれる仕組みとなっており、従来の「注文受付~決済~ビールの用意」にかかっていた人手や手間・時間を一気に短縮する仕組みです。

 

電子マネー SAPICAで支払い

 

小樽ビールの醸造責任者、ヨハネス・ブラウンの家系に200年以上に渡って受け継がれる、水、麦芽、ホップ、酵母のみで醸造する本当のドイツビールを、どなたでも完全な黄金比率でお楽しみいただけます。

 

小樽ビール 醸造責任者 ヨハネス・ブラウン氏

 

■開催概要

主催: 小樽ビール
共催: えこりん村
協賛・協力: ライブプロ、上ノ国町
後援: 恵庭市、北海道直産加工生産者協議会
日時: 2018年5月20日(日) 10:00~17:00 (雨天時はテント・一部醸造所内にて実施)
会場: 小樽ビール 銭函醸造所 屋外特設会場 (北海道小樽市銭函3丁目263-19)
参加費: 入場自由

戻る