CASE導入事例

2022/11/25

新幹線車内販売の人気商品「スジャータアイスクリーム」のキャッシュレス自販機にもIM10が。

 
 
新幹線の車内販売で、『#シンカンセンスゴイカタイアイス』と、SNSで大人気のスジャータアイスクリームを、JRCP(ジェイアール東海パッセンジャーズ)様が、東京駅の新幹線ホームに設置の自販機で、7月15日より販売を開始されました。
あの『シンカンセンスゴイカタイアイス』が、自販機で買えると、ニュースや、様々な媒体でも紹介されましたので、皆様もお目にしたかもしれません。
 
 
 

商品ラインナップは、「バニラ」(340円)、「ベルギーチョコレート」(400円)、ストロベリー(クッキー入り)」(380円)、「モカ」(370円)の4種。

 
新幹線に乗る予定もなく、アイスを買うだけのために入場する人もいらっしゃるなど大盛況です。
 
JRCP様では、「車内販売で購入いただく場合は、座席でワゴンが来るのをお待ちくださっている方が多いと思います。自動販売機で購入いただければ、乗車後お好きなタイミングでお召し上がりいただけます」と、利便性向上を目指して販売されているということ。

また、「非接触の決済方法の自動販売機であれば、多くのお客様に安心してご利用いただけるのではないかと考えました」ということで、IM10をご採用頂き、現金不対応、キャッシュレス専用での設置となりました。

現金不対応ですが、当然新幹線利用者の多くは、Suicaなど交通系電子マネーをお持ちでしょうし、増えてきた外国人利用では、クレジットカード、QRコード決済の対応できるIM10であれば、ご購入に不自由ないと判断されました。
 
JRCP様では、この反響を受けて、設置の拡大も検討されているそうです。皆様も、東京駅においでの際には、ぜひ、キャッシュレス決済で『シンカンセンカタイアイス』を、お買い求めください。

◆ 加盟店:株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズ様

◆ 導入決済端末:IM10(非接触型IC・キャッシュレス決済端末)

◆ 設置機器:冷凍自販機(サンデン:FIV-JIA21シリーズ)

◆ 販売商品:食品(アイスクリーム)

◆ ご導入ロケーション:東京駅・東海道新幹線の、14・15番ホームの2号車付近と、16・17番ホームの6号車付近

◆ ご導入時期:2022年7月

◆対応マネー

〇非接触クレジット  Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover

〇電子マネー  交通系IC(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOKA、nimoca、はやかけん)

        WAON、nanaco、楽天Edy

〇QRコード決済 PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、Alipay

 

本事例のお問合せはこちらまで

お問合せ

戻る