CASE導入事例

2024/05/09

〈インバウンドに好評〉プリペイドSIMカードの自販機が新しく羽田空港に設置されました!

以前より関西空港など日本の玄関口に設置されている、プリペイドSIMカードを販売する株式会社ビジョン様の自販機(以下、SIMカード自販機)が、3月30日に羽田空港第3ターミナル3階に新しく設置されました!

 

 

商品の特性上、プリペイドSIMカードは海外からの方が到着してすぐ購入するものなので、クレジットカード決済や海外QR決済の利用の多いことが予想されていました。

実際に、従来から設置されているSIMカード自販機の実績を見ると、キャッシュレス売上に対するクレジットカード決済の利用比率は約70%と、一般物販自販機の平均約25%と比べて非常に高くなっておりました。残りの30%はほぼ中国QR決済のAliPayによるもので(平均利用率は5%未満)、予想通りSIMカード自販機は、一般の物販自販機に比べて海外の方に多く利用されておりました。

これらの数字から、クレジットカードも海外QRも使える弊社のマルチキャッシュレス端末IM10はSIMカード自販機でその特性を発揮していることが分かります。

 

株式会社ビジョン様からは「特に海外の方はクレジットカードで決済されることが多く、クレジットカード決済の機能は必須。自販機でクレジットカード決済を利用できる数少ないキャッシュレス端末の中でも、IM10は画面上に利用案内が表示されるところが分かりやすい」とご好評の声をいただきました。

インバウンドの方も便利に決済いただけるIM10を搭載したビジョン様のSIMカード自販機は、24時間365日、様々な国からいろいろな方が到着する羽田空港で、今後も来日された皆様にご活用いただけるものと期待しております。

 

羽田空港以外のSIMカード自販機の設置場所は以下の通りです。

 

・関西国際空港
・新千歳空港
・広島空港
・関西エアポートワシントンホテル
・りんくうタウン駅
・鹿児島空港国際線ターミナル

 

IM10ではクレジットカード決済をはじめ、様々なマネーがご利用いただけます。(羽田空港に設置のSIMカード自販機で使えるマネーは以下の画像をご参照ください。)

インバウンドの方が利用される自販機のキャッシュレス化をご検討の際は、ぜひIM10の導入をご検討下さい。

 

 

株式会社エム・ピー・ソリューションは、引き続きキャッシュレス社会の実現に向けてより一層の努力をしてまいります。

 

■株式会社ビジョン公式ホームページ

■IM10特設サイト

◆ カテゴリー:自販機

◆ 加盟店:株式会社ビジョン
◆ 導入決済端末:IM10
◆ ご導入ロケーション:羽田空港第3ターミナル3階
◆ 住所:羽田空港国際線旅客ターミナル:東京都大田区羽田空港2丁目6-5羽田空港第3ターミナル駅3階

◆対応マネー
〇非接触クレジット  Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover
〇電子マネー  交通系電子マネー(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca/マナカ、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)
        WAON、nanaco、楽天Edy、iD、QUICPay
〇QRコード決済 PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、SmartCode、AEON Pay、Alipay、WeChatPay

戻る