CASE導入事例

2024/06/07

祇園 花街芸術資料館|京都が誇る花街文化をキャッシュレスで

2024年5月15日(水)に祇園 花街芸術資料館 様がオープンされました。

京都を代表する花街である祇園に新しく誕生した「祇園 花街芸術資料館」は、芸妓や舞妓の装飾品の展示や「舞」を通して花街の文化を感じられる施設です。

華麗な手描き友禅の着物や西陣織の帯をはじめ、舞妓さんの化粧道具や持ち物などの貴重な資料の展示や、芸妓さん・舞妓さんによる京舞、芸妓さん・舞妓さんが舞を披露する純和風の大劇場「歌舞練場本館」の見学など、様々なコンテンツを通じて京都が誇る花街文化に触れることが出来ます。

今回、館の入場券の券売機1台と、芸妓さん・舞妓さんによる京舞観覧チケットおよびに舞妓さんとの写真撮影チケットを販売する券売機1台、計2台に弊社のマルチキャッシュレス端末IM10を導入していただきました。

 

 

また、祇園にちなんだお土産を販売する「ミュージアムショップ」と、京都の地酒やジャパニーズウィスキーを中心に提供する「アートバー」においても、弊社の決済サービス(KAZAPi)をご利用いただいており、全館においてキャッシュレスでのお支払いが可能です。

 

 

 

当館では約8割が外国人のお客様ということで、外国人の方の花街文化への関心の高さが感じられます。

特に外国のお客様はキャッシュレスでお支払いをされることが多いため、クレジットカード決済をはじめ、様々なマネーがご利用いただける弊社のマルチキャッシュレス端末は祇園 花街芸術資料館様において、ご来館される皆様により便利にご活用いただけているものと感じております。

 

京都に訪れた際は是非、「祇園 花街芸術資料館」にご来場の上、キャッシュレス決済で京都が誇る花街の文化をご堪能下さい。

 

■祇園 花街芸術資料館 公式ホームページ

KAZAPi特設サイト

■IM10特設ページ

◆ カテゴリー:店舗レジ / 飲食店 / 美術館・公共施設 / チケット券売

◆ 加盟店:株式会社symphonic

◆ ご導入ロケーション:祇園 花街芸術資料館

◆住所:京都府京都市東山区衹園町南側570-2 八坂倶楽部

◆対応マネー

〈IM10〉

〇非接触クレジット  Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover
〇電子マネー  交通系電子マネー(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca/マナカ、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)、iD、QUICPay
〇QRコード決済 PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、Alipay

〈KAZAPi〉

〇非接触クレジット  Visa、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、銀聯

〇電子マネー  交通系電子マネー(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca/マナカ、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)、WAON、nanaco、楽天Edy、iD、QUICPay

〇QRコード決済 楽天ペイ、d払い、ゆうちょPay、PayPay、メルペイ、auPay

(※マネー会社への申請状況により一部ご利用いただけない決済方法がある場合がございます。)

戻る