CASE導入事例

2024/06/07

地元に愛される「立花うどん」冷凍うどん自販機にIM10が導入されました

 

 

「立花うどん」様のうどんを販売する冷凍自販機にマルチキャッシュレス端末IM10を導入していただきました!

 

「立花うどん」様は福岡県久留米市発祥の地元の人々に長年愛されている人気のうどん店です。

そのようなうどん店が「24時間いつでも気軽にうどんを楽しんでもらいたい」という思いから始めたのが冷凍うどん自販機です。

きっかけは、コロナ渦での時短要請や営業自粛により対面販売が困難になっていた飲食業界で新たな販売ツールとして注目を浴びた冷凍自販機「ど冷えもん(サンデン・リテールシステム株式会社製)」を取り引きのある銀行様から紹介されたことだったそうです。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

「立花うどん」様公式ホームページ:立花うどん通信「久留米立花うどん「冷凍うどん自販機」設置しました!

 

そうして2022年から冷凍自販機「ど冷えもん」で始められたうどんの自販機販売ですが、今回、この自販機に弊社のマルチキャッシュレス端末IM10を導入していただきました!

販売するうどん一品一品への熱いこだわりはもちろんのこと、自販機本体のラッピングにもこだわっており、一目見ただけで立花うどん様の久留米市愛、うどん愛がここに詰まっていることがわかります。

うどん自販機は、以前まで現金のみ対応でしたが、今回IM10が導入されたことににより、クレジットカードや電子マネー、QRコードなど様々な決済手段でご購入いただけるようになり、より多くの方に立花うどん様の商品を楽しんでいただくことが出来るようになりました。

 

また、IM10付の冷凍うどん自販機は立花うどん本店のある久留米の他にも東京都六本木にも設置されており、東京都でも久留米の味を楽しむことができます。

 

立花うどん様人気No.1メニュー「肉ごぼ天うどん」

 

IM10は立花うどん様もご利用されている「ど冷えもん」自販機への導入事例も多くございます。

「ど冷えもん」を始めとする物販自販機だけではなく、飲料自販機や券売機、その他自動機のキャッシュレス化をご検討の際は是非、IM10の導入をご検討ください。

株式会社エム・ピー・ソリューションは、引き続きキャッシュレス社会の実現に向けてより一層の努力をしてまいります。

 

■立花うどん公式ホームページ

■IM10特設サイト

 

◆ カテゴリー:自販機 / 飲食店

◆ 加盟店:立花うどん有限会社
◆ 導入決済端末:IM10
◆ ご導入ロケーション:立花うどん本店/六本木

◆ 住所

立花うどん本店:久留米市東合川5-6-1

六本木:港区六本木7丁目17-21

◆対応マネー
〇非接触クレジット  Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover
〇電子マネー  交通系電子マネー(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca/マナカ、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)
        WAON、nanaco、楽天Edy、iD、QUICPay
〇QRコード決済 PayPay、楽天ペイ、d払い、au PAY、SmartCode、AEON Pay、Alipay、WeChatPay

戻る